フォト

おすすめ本

« 再エネ賦課金上昇中 | トップページ | 朝日が「強制連行」証言取り消す »

2014年8月 5日 (火)

理研の笹井氏が亡くなる


小保方晴子氏のSTAP論文の指導役だった
理研の笹井芳樹氏が亡くなった。

理研の研究センター内で首を吊り、遺書も残されていたという。

しかしながら…
小保方氏の検証実験への妨害→NHKスペシャルでの不正の断定
という流れの中にこの死は位置づけられる。

もう少し長いスパンで見れば、
画期的なSTAP細胞発見→論文の不備を指摘→共同研究者・若山教授の離反
→小保方・笹井を週刊誌が叩く→論文取り下げ→再現実験→笹井氏死去
ということになる。

最も不可解なのが若山教授の離反なのだが、
僕は当初より若山教授は脅されているのではないか、
と感じていた。

小保方氏はもう再現実験に取り組む
精神状態にはないだろう。

笹井教授の死は、小保方氏に再現実験を成功されては
困る人々がいるということの証ではないだろうか?

笹井教授の死は、本当に自殺なのか?
不可解な事件は、不可解なままに幕を閉じようとしている。

僕たちの住む世界には、深い深い闇があって、
笹井教授はその闇に呑み込まれてしまったかのようでもある。

« 再エネ賦課金上昇中 | トップページ | 朝日が「強制連行」証言取り消す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理研の笹井氏が亡くなる:

« 再エネ賦課金上昇中 | トップページ | 朝日が「強制連行」証言取り消す »