フォト

おすすめ本

« 広島に原爆が落とされた日 | トップページ | ソフトバンクTモバイル買収白紙に »

2014年8月 6日 (水)

中国産猛毒割り箸の恐怖


「上海のレストランで食事をしていた一般客が、
割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁ったことから発覚しました。
報告を受けた当局が調査のために割り箸を水槽に入れたら、
元気に泳いでいた金魚が、ぷっかり浮かんできたそうです」(通信社中国特派員)
(中略)
「中国産の割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や、
見栄えをよくするための漂白剤等が大量に使われています。
しかも、ほとんど洗浄されずに出荷されているため、人体に有害な薬品が
こびりついたままなんです」(全国紙経済部記者)
日本における割り箸の年間使用量は250億膳。
その97%が中国産ということだから、他人事ではない。
「野菜や食肉といった食料品には、輸入時に検査がありますが、
工業製品である割り箸はフリーパス。
(2014年8月6日(水)6時0分配信 日刊大衆)

このクソ暑い中、さらに食欲を減退させるようなニュースだけれど、
ネタ元は「日刊大衆」ということで、大丈夫なんでしょうか?

とにかく事実とすれば、笑っている場合ではなく、
政府にしっかりとした対策を求めたいですね。

割りばしの97%が中国産ですか…。
後は推して知るべしですね。

我々が使っている製品のほとんどは
中国産のようです。

« 広島に原爆が落とされた日 | トップページ | ソフトバンクTモバイル買収白紙に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国産猛毒割り箸の恐怖:

« 広島に原爆が落とされた日 | トップページ | ソフトバンクTモバイル買収白紙に »