フォト

おすすめ本

« 安倍政権の経済失政つづく | トップページ | オスプレイになぜ騒ぐ »

2014年8月14日 (木)

福島の悲劇を拡大した人災


あの東日本大震災から、もう3年以上も経つのに、
いまだに福島の復興が進まないのは人災によるものだ。

大震災、福島原発事故から1年後の2012年3月、
「国連原子放射線影響科学委員会」と「国際放射線防護委員会」は
福島の放射能の影響は、これまで何の健康被害も出ていないし
今後も影響が出ることはないだろうと発表したのだが、
それを日本のマスメディアは全く報道しなかった。

オリンピックのプレゼンテーションで、
安倍総理が原発事故は完全にコントロールされている
と言ったが、それも事実なのだ。

にもかかわらず、マスメディアは総理の発言に疑問を呈したし、
いまも被災地の人々は仮設住宅で不自由な生活を強いられている。

日本の原発事故はほぼ収束しているのだが、
それを終わらせたくない人がいるということなのだ。

民度の低い韓国のように、日本の生鮮食料品は放射能の影響があるとして
輸入禁止にしたり、原発再稼働を阻止したい人たちや日本経済の発展を望まない
人たちの手によって、福島の復興は徹底的に邪魔されているわけである。

民主党時代に、国際基準の10分の1を危険レベルとしたために
どうにも身動きが取れなくなった。

とにかくその基準は、自然界に普通に存在する放射能レベルを
下回るものであったために、その基準をクリアすることは
事実上不可能になってしまったのである。

本当に馬鹿げた話で、福島には汚染水問題も存在しないし、
除染などはその必要すらない。

だいたい放射能により健康を害した人が一人でもいたというのか?

それより寝たきりの老人が避難指示区域から避難する際に死亡したり、
仮設住宅で不自由な生活を強いられた人々が死亡するなど、
福島原発事故ではなく、人災により多くの人が無くなったのである。

もういい加減にした方が良い。

マスコミの御用学者ではなく、心ある学者はすべて、
そして「国連原子放射線影響科学委員会」や「国際放射線防護委員会」も
福島は安全だと言っているのだ。

事故当時、福島産の安全な農産物や畜産物、海産物はすべて廃棄され、
それに伴い、極めて危険性の高い中国食材や韓国食材が大量に日本に
入ってくるようになった。

本当に日本人は馬鹿ではないか?

いい加減にマスコミの言うことを鵜呑みにするのではなく、
自分で情報を得て、賢く行動した方が良い。

あの震災、大事故からもう3年以上経っているのだ。

もし放射能の健康被害があるのなら、
もう多数の死者、病人が出ていなければおかしいだろう。

ここまできたら、騙される人間だって悪いのだ。

« 安倍政権の経済失政つづく | トップページ | オスプレイになぜ騒ぐ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の悲劇を拡大した人災:

« 安倍政権の経済失政つづく | トップページ | オスプレイになぜ騒ぐ »