フォト

おすすめ本

« 中国産猛毒割り箸の恐怖 | トップページ | ヘイトスピーチ規制について »

2014年8月 6日 (水)

ソフトバンクTモバイル買収白紙に

日本人をバカにするために作られた
犬のお父さんのCMを、各方面から批難されながらも
いまだに堂々とオンエアし続けるソフトバンク。

いつ八百万の神々の怒りにふれ、
屋台骨が崩れていくかと期待していたのだが、
Tモバイル買収の失敗がそのきっかけに
ならないだろうか?

買収したスプリントは経営状態が悪く、
もともと米国上位2社とは開きがあり、
顧客層も全く違っていたため、
経営立て直しは難しいのでは
といわれていた。

その突破口として打ち出されたウルトラCが
米国4位のTモバイル買収だったわけで、
それが白紙に戻ったとすると
ソフトバンクは次に打つ手はあるのだろうか?

米国での失敗が、本家ソフトバンクに飛び火して
あの醜い禿げ頭に残された毛が
1本1本抜けていくのを見るのが楽しみなのだが、
再生エネルギー固定価格買取制度など
確実に儲かる飯のタネを持っているだけに
どうなのだろう?

株価は一気に260円も下げているけれど、
イオンと並んで、僕の倒産してほしい企業No.1だけに
今後の動きに注目したい。

« 中国産猛毒割り箸の恐怖 | トップページ | ヘイトスピーチ規制について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクTモバイル買収白紙に:

« 中国産猛毒割り箸の恐怖 | トップページ | ヘイトスピーチ規制について »