フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 広島土砂災害で犯罪多発 | トップページ | 慰安婦問題のさらなる捏造 »

2014年9月11日 (木)

震災3年半、避難者24万人超

東日本大震災は11日、発生から3年半を迎える。
復興庁によると、避難者は8月14日時点で24万5,622人。
このうち岩手、宮城、福島の3県で仮設住宅などに暮らす避難者は
約19万人となっている。
住んでいた県以外に避難している人は3県で5万5,636人に上り、
東京電力福島第1原発事故の影響を受ける福島県民が
4万7,149人と84%を占める。
避難者全体の避難先は47都道府県の1,152市区町村にわたり、
総数は最多だった平成23年3月14日の約47万人から
約22万4千人減った。
3県は災害公営住宅を計約2万9千戸整備する予定だが、
戸数は今後、被災者の希望を調査した上で柔軟に見直すとしている。
警察庁によると、9月10日時点の死者は1万5,889人で、
なお2,601人が行方不明となっている。
(産経新聞 9月10日(水)19時56分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000578-san-soci

震災から3年半経っても、まだ24万人以上の避難者がいるのですね。

震災が起こった時が民主党政権だったという不幸を割り引いても、
反日左翼が復興を妨げ続けているという事情があるにせよ、
3年半も経って、こんなに多くの避難者がいるのは行政の怠慢ではないか。

放射能云々がネックになっているとすれば、事実を伝えて、
避難者自身で判断してもらう以外にないだろう。

あのレベルでは何の危険もないという専門家もいれば、
放射能が蓄積して将来健康障害が起こるなどと
非科学的な情報をまき散らす左巻きの学者もいる。

避難地域の小動物に、3年半も経って何も異常が出ていなければ、
人間に悪影響が出ることは考えられないのではないか?

広島・長崎での原爆投下の影響や、チェルノブイリでの研究結果と合わせて、
福島の3年半の詳細な調査報告書を提示すれば、
避難している人たちにも判断ができるだろう。

世の中に「絶対的な安全」などというものは存在しないのだから、
避難者がどうしたいかを優先するべきだと思う。
そのためには、十分な判断材料を提供することが不可欠だ。

日本中から、全世界から寄せられた善意のおかげで、
東北はこんなに元気に復興したという姿を、
早く世界に発信したいですね。

« 広島土砂災害で犯罪多発 | トップページ | 慰安婦問題のさらなる捏造 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災3年半、避難者24万人超:

« 広島土砂災害で犯罪多発 | トップページ | 慰安婦問題のさらなる捏造 »