フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 悪政は人を殺す | トップページ | 勝間和代の言い訳を仕分けする »

2014年9月30日 (火)

日本女子卓球のレベル


アジア大会の女子卓球決勝で、日本は中国に1-3で負けてしまった。
でも、日本女子卓球のレベルは確実にアップしている。

福原愛は、世界ランク2位のテイネイを3-1で破った。

石川佳純は、世界ランク1位のリュウシブンに1-3、
テイネイに0-3で敗れたが、一方的な試合ではなかった。

そして14歳の平野美宇はシュウレイに0-3で敗退したが、
将来に大きな期待を抱かせるゲームだった。

数年前までなら、中国選手には1ポイントを取るのも一苦労だったが、
いまでは中国選手を完全に本気にさせている。

数年後にはその実力は確実に拮抗するのではないか?
そう思わせる素晴らしいゲームだった。

明石家さんまにズルをされて、悔し涙を流していた
5歳の愛ちゃんが、今では日本のエース。
その福原愛に憧れる14歳の美宇ちゃんが将来のホープ。
そして、実力をつけた石川佳純…。

ゲームを見ていて、中国選手のボールがエッジボールとなり、
日本選手のボールがネットに弾かれるシーンが多かったような気がしたが、
日本から見つめる八百万の神々は、まだ中国に勝つのは早いと
考えていたのだろうか?

とにかく日本女子卓球のレベルが世界を制するところに
近づいているのは間違いないようだ。

« 悪政は人を殺す | トップページ | 勝間和代の言い訳を仕分けする »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本女子卓球のレベル:

« 悪政は人を殺す | トップページ | 勝間和代の言い訳を仕分けする »