フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 真の保守政党、誕生 | トップページ | 神戸遺体遺棄事件の不思議 »

2014年9月27日 (土)

冨田選手窃盗容疑の真相は?

アジア大会の競泳代表の冨田尚弥が、
報道陣のカメラを盗んだとして仁川市の警察の事情聴取を受け、
事実を認めたため日本選手団から追放されたらしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00000059-spnannex-spo

信じられますかね?

まあ、「韓国とは関わるな」を象徴するような事件ですが、
これは通常考えられない事件であるだけに、
僕としては2つの予想されるケースを提示しておきたい。

証拠は全くない。

まず、一つ目は、この男が朝鮮系である場合。
今回活躍めざましい競泳選手団を貶めるために、
在日団体もしくは韓国団体から窃盗を依頼されたケース。

もう一つは、ハニートラップに引っかかり、
女がレイプされたと騒ぎだし、窃盗犯になるように
強要されたケース。

舞台が韓国だけに、いずれも十分に考えられる
ケースではないか?

カメラが置かれていて、どうしても欲しくなって盗んだというのは、
動機としても無理があるし、カメラマンが大事なカメラを置いて
その場を離れることも考えにくい。

この選手の前科も調べるべきで、もともと窃盗癖でもなければ、
海外で突然窃盗事件を起こすなど考えられないだろう。

手癖の悪い日本選手の前に、盗んでくれとでも言うように
高額なカメラが置かれていた。

こんなこと、あり得るでしょうか?

« 真の保守政党、誕生 | トップページ | 神戸遺体遺棄事件の不思議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/60381900

この記事へのトラックバック一覧です: 冨田選手窃盗容疑の真相は?:

« 真の保守政党、誕生 | トップページ | 神戸遺体遺棄事件の不思議 »