フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 「アイヌいない」発言市議、自民除名 | トップページ | 震災3年半、避難者24万人超 »

2014年9月10日 (水)

広島土砂災害で犯罪多発

広島市の土砂災害で、住民が避難した無人の民家を狙った空き巣被害、
義援金詐欺とみられる不審電話などが相次ぎ確認されている。
災害に乗じた犯罪は東日本大震災でも多発。
いまだ多数の被災者が避難所生活を続ける中、広島県警は警戒を強め、
警備会社などもボランティアでパトロールに乗り出した。
(産経新聞9月10日(水)11時10分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000514-san-soci

日本はいつの間にこんな情けない国になり下がったのでしょう。

広島の被災地では、子供のゲーム機が持ち去られたり、65万円相当の貴金属が
盗まれるなど、空き巣被害が多発しているという。

また、警察官を装って避難を呼びかけ、その隙に盗みに入ろうとしたり、
大手建設会社を名乗り、建物の解体費用1千万円を請求するなど、
悪質な詐欺未遂事件も確認されているようだ。

火事場泥棒という言葉が日本にもあるけれど、
こうした卑劣な行為が日本人の手で行われているとは僕には思えない。

犯罪性向が高く、民度の低い輩が、この日本に続々と入国しているのだ。

東日本大震災では、自警団が組織され、盗みに入った犯人が
ボコボコにされたケースもあったらしいが、
犯人がバールを持って暴れたと理由で、自警団には何のお咎めもなかったという。

日本の警察は本当に頼りにならないので、
自分の身は自分で守るということも、これからは考えなくては
いけないのかもしれません。

« 「アイヌいない」発言市議、自民除名 | トップページ | 震災3年半、避難者24万人超 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島土砂災害で犯罪多発:

« 「アイヌいない」発言市議、自民除名 | トップページ | 震災3年半、避難者24万人超 »