フォト

おすすめ本

« 菅直人が残した負の遺産 | トップページ | 安倍政権を揺さぶる人々 »

2014年10月23日 (木)

巨大噴火100年以内に1%

神戸大の巽教授が、日本に壊滅的な被害をもたらす
「巨大カルデラ噴火」が100年以内に1%の確率で発生するとの
予測を発表したという。

何のために?

巽教授は日本が消滅しかねない重大な脅威だとして
「地下のマグマの状態を正確にとらえる技術を向上させ、
発生メカニズムの解明を急ぐ必要がある」と訴えているそうだ。

この発表が不安を煽るためのものだと言うことは分かる。

でも何のために。

好意的に考えれば、こうした研究をより積極的に
進めるためと推測することもできる。

しかしながら、不審の目で見れば、
反日左翼による原発再稼働を妨害するための行動
と思えなくもない。

強大な自然災害は、いつかは起こるだろう。

7300年前に噴火した鹿児島県南方沖の鬼界カルデラの噴火では
南九州の縄文人が死滅したらしい。
(2014年10月23日産経新聞より)

しかしながら、こうした情報が新聞に載ること自体、
鹿児島県の川内原発再稼働を妨害するためと
考えられなくもない。

100年以内に1%という自然災害予測は、
果たしてニュースとしての価値があるものなのだろうか?

巽教授の予測では、最悪の場合、日本の総人口分の
死者が出るのだという。

個人的には、万一そうした事態が起これば、
僕は日本人の一員として死んでも良いと考えるが、
それでも生き残りたい人のために
研究は必要かも知れない。

研究は続けてもらいたいとは思うが、
100年以内に1%の災害予測は、
新聞等で取り上げるような話題ではないと思うのだが
どうなのだろう。

« 菅直人が残した負の遺産 | トップページ | 安倍政権を揺さぶる人々 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大噴火100年以内に1%:

« 菅直人が残した負の遺産 | トップページ | 安倍政権を揺さぶる人々 »