フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 反日左翼の跳梁跋扈 | トップページ | マインドコントロール »

2014年11月21日 (金)

「次世代の党」は生き残れるか?

「次世代の党」にとっては厳しい選挙となりそうだ。
小選挙区で勝てる候補は石原慎太郎くらいだと思われるが、
もう選挙戦を戦えるほどの体力はなさそうに見える。

魅力的な候補はたくさんいるが、
小選挙区で自民候補に勝つのは難しいだろう。

比例区でどれだけ戦えるかが勝敗を分けるのだろうが、
現職はすべて戻ってきてもらいたい。

とにかく保守的な考え方を持っている人は、
今回の選挙に限って小選挙区は「自民党」、比例は「次世代の党」
というのが正しい投票行動だと思う。

昨日も書いたけれど、自民党は保守からリベラルまで
非常に多様な考えを持つ政治家の集合体で、
親米派、媚中派が多く、真に日本のための政治は
望むべくもない。

自民党の右側から突き上げる、
「次世代の党」のような保守政党が絶対に必要なのだ。

一人でも多くの方に応援してもらいたいと
心から願っています。

« 反日左翼の跳梁跋扈 | トップページ | マインドコントロール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「次世代の党」は生き残れるか?:

« 反日左翼の跳梁跋扈 | トップページ | マインドコントロール »