フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 桑田佳祐が紫綬褒章 | トップページ | ふざけた生活保護の実態 »

2014年11月 3日 (月)

無電柱化法案提出へ

自民党は、電線を地下に埋めるよう電力会社に促す「無電柱化推進法案」(仮称)
をまとめ、今国会に提出する検討に入った。
今後、市街地を開発する際、電柱を新設することを事実上禁じる内容で、
2020年の東京五輪開催に向け、都市景観や歩行者の利便性を高める狙いがある。
しかし地上に敷設するのに比べ10倍の費用がかかるとされるなど、
地中化を広げるには多くの課題がある。
(毎日新聞 11月3日(月)8時30分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141103-00000004-mai-pol

記事によると、無電柱化率は東京23区で7%、大阪・名古屋で5%、
ソウルで46%、ロンドンやパリでは100%だという。

無電柱化は景観の問題もあるが、地震発生時に電柱が道路を防ぐなど
安全対策上も大きな意味がある。

これまでなぜ推進してこなかったのかが不思議な感じすらするが、
費用の問題で躊躇するようなことではないだろう。

東京五輪の都市景観向上はともかく、いつ起こってもおかしくないと言われる
関東圏での大震災に備えるためにも、早急に法案を通してもらいたい。

地震の問題がないロンドンやパリで100%だというのに、
これまで日本は何をしていたのだろう?

« 桑田佳祐が紫綬褒章 | トップページ | ふざけた生活保護の実態 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無電柱化法案提出へ:

« 桑田佳祐が紫綬褒章 | トップページ | ふざけた生活保護の実態 »