フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 自民党議員をチェックすべし | トップページ | 幼児教育無償化の財源がない »

2014年12月 8日 (月)

〈IOC〉分散開催を容認?

今日は何ともイヤなニュースが流れてきました。

「国際オリンピック委員会(IOC)臨時総会が複数の都市や国での分散開催を
認めたことは、すでに開催が決まっている2018年平昌(韓国)や26年冬季五輪
の招致に名乗りを上げたばかりの札幌市の会場計画にも影響を与えそうだ。
平昌五輪ではボブスレーやリュージュなどそり系競技の会場整備が財政難で
遅れている。準備状況を監督する調整委員会のリンドバーグ委員長は
「世界中の12の施設を選択肢にしている」と説明。
代替施設での開催の検討に入ったことを示唆した。そこに含まれているのが
韓国から近い1998年長野冬季五輪の会場「スパイラル」(長野市)だ。
(毎日新聞12月8日(月)22時10分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141208-00000100-mai-spo

「世界中の12の施設を選択肢にしている」と言うが、
ボブスレーとリュージュ、スケルトンのそり競技で五輪や世界選手権を
開催できる施設は世界で十数会場しかなく、
アジアでは長野市の「スパイラル」一つしかないという。

JOCの竹田会長が、「直接そういう話は来ていないが、
正式に要請があれば前向きに協力していく」
と言ったらしいが、本当だろうか?

選挙のどさくさに紛れて、おかしな話が進められないように、
反対の声を上げなければいけませんね。

サッカーの日韓共催の悪夢が蘇ってきます。

あの頃とは日本人の意識も変わっているので、
こんな馬鹿げた話は覆せますよね。

オリンピックの監督官庁は文科省ですから、
「イーガブ」から反対の声を送りましょう。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

« 自民党議員をチェックすべし | トップページ | 幼児教育無償化の財源がない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〈IOC〉分散開催を容認?:

« 自民党議員をチェックすべし | トップページ | 幼児教育無償化の財源がない »