フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 9条信者はゾンビのように | トップページ | 人質の「自己責任」について »

2015年1月26日 (月)

白鵬の物言い

今場所、大鵬の優勝回数の記録を抜いて
33回目の優勝を達成した白鵬。

申し分のない優勝ではあるが
優勝を決めた13日目、稀勢の里との
取り直しに文句をつけているのは
いただけない。

白鵬は自分が勝っていたと信じているようだが、
僕の見たところでは稀勢の里が勝っていた。

白鵬は、稀勢の里の肘が先に落ちたのが見えたのだ
と思うが、その前に白鵬のつま先が完全に返っていた。
https://www.youtube.com/watch?v=AeKGqCYX6C0

相撲では体がなかったとか、微妙な言い回しをするので
決めるのはあくまで勝負審判の判断に委ねられるが、
稀勢の里の肘が落ちるのと白鵬のつま先が返るのとでは
明らかに白鵬の方が先だった。

相撲自体は圧倒的に白鵬が優勢で、
タイミングも微妙だったことから勝負審判は、
取り直しと判断したのだろうと思う。

その判定に対して、
「相撲を盛り上げようとかの判断があったかも知れないが
こっちは命がけでやってるんだ」などと文句をつけた
白鵬の態度は明らかにおかしい。

自分がモンゴル人だからと差別されているというような
意識があるのかも知れないが、差別がないから
4人も続けてモンゴル人横綱が誕生したのではないか?

横綱とはいえ、言っていいことと悪いことがある。

それにしても、なぜ、つま先が返っていたことが
問題にされないのだろう。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 9条信者はゾンビのように | トップページ | 人質の「自己責任」について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬の物言い:

« 9条信者はゾンビのように | トップページ | 人質の「自己責任」について »