フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« フランケンとガマガエル | トップページ | ようじ混入男も生活保護 »

2015年1月19日 (月)

韓国産ヒラメを禁輸せよ!

宴会シーズンたけなわだが、高級魚のヒラメの刺し身や寿司で
食中毒が起きていることはあまり知られていない。
厚生労働省の速報(2014年12月2日)によれば、今年のヒラメによる食中毒は
10月1日の事例までで30件、患者数は316人。
すでに昨年の21件、244人を超えている。
速報の事例以外に11月には新潟県柏崎市、山口県下関市など各地で被害があり、
東京都内でも10月に2件発生している。
10月中旬に東京・中央区で起きたヒラメの食中毒では、
飲食店関係者が「食の安全が脅かされている」と憤る産地偽装事件が起きている。
この事件は、銀座の和風料理店のヒラメの造りを食べた客が食中毒にかかり、
調査の結果、産地偽装が発覚したもの。
築地卸売市場の仲卸が国内産養殖として料理店に販売したヒラメが、
実は韓国・済州島の養殖モノだったのだ。営業停止命令は料理店だけで、
仲卸に営業停止などの処分はなかった。

PRESIDENT 2015年1月12日号
http://president.jp/articles/-/14260

韓国では下水道施設が整っておらず、糞尿をそのまま海に垂れ流すため、
韓国産の海産物は大腸菌まみれになっており極めて危険だ。

アメリカや中国でも韓国産キムチや海産物は禁輸の対象になっており、
日本では何の対策も取られず、産地偽装までされているとなれば、
対策はヒラメを食べないということしかない。

僕はヒラメが好きなので、寿司屋へ行けば口にすることが多いが、
産地を偽装されてしまえば良心的な寿司屋でも信用できない。

「厚生労働省は何をしているのか!」という抗議の声を、
下記アドレスより、みんなで届けましょう!

電子政府の総合窓口イーガブはこちら
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

首相官邸はこちら
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

自民党へはこちら
https://ssl.jimin.jp/m/contact

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« フランケンとガマガエル | トップページ | ようじ混入男も生活保護 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国産ヒラメを禁輸せよ!:

« フランケンとガマガエル | トップページ | ようじ混入男も生活保護 »