フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 人質ドラマはどこへ | トップページ | 何もできない日本という国 »

2015年1月25日 (日)

後藤健二の自由と責任

「安倍、あなたがハルナを殺したのです」

手錠でつながれ、正面を見据えた画像と共に、
こう主張する後藤健二の音声がくり返し
流されている。

「自己責任で行ってくる」と言い残して
紛争地域に入っていった者の言葉としては
極めて違和感がある。

「どこへ行こうが私の自由だ」という者は、
それによってもたらされた不都合に関しても
自分で責任を負う必要がある。

もちろん「殺されるかも知れない」という状況に
立ち至れば、誰もが助かりたいと思うだろうし、
犯人たちの命じた通りの文章を読み上げてしまうのも
仕方がないことだろう。

しかし、後藤健二が発した言葉は
まるで日本の左翼が関わったものではないか
というような内容だ。

後藤健二は反日カルトの信徒との情報もある。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5709.html

日本国民ということであれば、政府は解放に向けて
努力せざるを得ないが、何か釈然としない。

イスラム国というのも、莫大な身代金を要求したり、
仲間の釈放を要求したり、何がしたいのかよく分からない。

もういい加減にしてもらいたい、
ニュースである。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 人質ドラマはどこへ | トップページ | 何もできない日本という国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後藤健二の自由と責任:

« 人質ドラマはどこへ | トップページ | 何もできない日本という国 »