フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 仏風刺画と言論の自由 | トップページ | 民主代表選はイオンに決定 »

2015年1月17日 (土)

やってはいけないこと


ムハンマドを侮辱する風刺画を掲載した「シャルリー・エブド」、
天皇陛下を侮辱したサザンオールスターズの「桑田佳祐」。

やっていいことと、いけないこともわからない愚かな人間が、
この世界にはいっぱいいて、暗澹たる気持ちになる。

そうした人間は、自分のしでかしたことの重大さもわからないらしく、
「シャルリー・エブド」は再びムハンマドの風刺画を掲載したし、
「桑田佳祐」はアミューズと連名の謝罪文で許されると思っている。

日本人が、なぜ人を信じ、互いに力を合わせて幸せな共同体を
作り上げることができたのか?

これはすべて天皇陛下の存在があってこそなのだ。

日本の国体は、天皇陛下を最高権威にいただき、
陛下から親任された権力者が、天皇の「おおみたから」である
民の安寧を第一にまつりごとを行なってきた。

我々国民は、天皇陛下の子供と呼ばれ、
実際にそのように扱われてきたのである。

こうした国体は、世界中で日本だけが実現しえた
奇跡とも呼ぶべき究極の国の形なのだ。

国民は常に大切にされたし、
だから国民は何があっても一つにまとまり、
力を合わせて難局を乗り越えることができた。

米国が作った現行憲法においてさえ、
天皇陛下は日本国の象徴であり、
その天皇陛下からいただいた勲章をぞんざいに扱うことなど
日本ではあってはならないことなのだ。

「桑田佳祐」には、やるべきことがあるはずである。
それを考えるのは、彼自身であるだろうけれど…。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 仏風刺画と言論の自由 | トップページ | 民主代表選はイオンに決定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やってはいけないこと:

« 仏風刺画と言論の自由 | トップページ | 民主代表選はイオンに決定 »