フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 白鵬の物言い | トップページ | 人質事件に対する立場 »

2015年1月27日 (火)

人質の「自己責任」について

今回のイスラム国人質事件において、
「自己責任」という言葉が飛び交っています。

僕も「自己責任」という言葉はあまり好きではありませんが、
「自己責任」を否定される方の多くが、
この言葉に同胞意識の欠如を感じるからでしょう。

ある人は「危険な地域だと知りながら、
自己責任で行ったのだから助ける必要なし」と言い、
また、ある人は「イスラム国こそが悪なのであり、
人質は被害者なのだから救うべき」と言う。

僕も「救えるものなら、もちろん救うべき」
というのが基本的な立場なのだけれど…。

安倍総理は声明で、「テロには屈しない」ということと、
「人命第一であらゆる手段を尽くす」ということを
話されています。

ところが、テロに屈しないということは、身代金を出すことも、
交換で死刑囚を釈放することも、どちらもできないわけです。

つまり「テロに屈しない」と宣言した時点で、武力を使えない日本では、
人質の解放をほぼあきらめる以外にないということになるわけですね。

ヨルダンに対して死刑囚釈放をお願いするということが
話題になっていますが、それは「テロに屈する」こと以外の
何ものでもありません。

万一、釈放された死刑囚がテロ事件を引き起こし
多くのヨルダン市民が巻き込まれでもしたら、
日本はどう責任を取るつもりでしょう?

死刑囚を釈放せず、身代金も払わず、
なおかつ人質を解放する道があるのなら、
ぜひ実現してもらいたいとは思います。

最後に、この後藤健二という男は何者なのでしょう?

捕らえられた湯川遥菜さんを、一度は救い出すという
奇跡を演じたイスラム国とのつながり、

KENJI GOTO JOGOという不思議な名前、
(日本人ではないのでは、とも囁かれています)

反日左翼丸出しの記者会見をしたおかしな母親、

顔を見せない妻と子供達…

「救えるものなら、もちろん救うべき」ではあるけれど、
このKENJI GOTO JOGOという得体のしれない人物が
本当に救うべき同胞であるのだろうか?
という疑問も消すことができません。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 白鵬の物言い | トップページ | 人質事件に対する立場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人質の「自己責任」について:

« 白鵬の物言い | トップページ | 人質事件に対する立場 »