フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 湯川氏を貶める情報の酷さ | トップページ | 二人目の人質も殺害 »

2015年1月31日 (土)

恵方巻きの下品な食べ方


ウィキペディアによると、「恵方巻きは、太巻き(巻き寿司)を
節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら
太巻きを丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされている」
ということらしい。

「大阪地方を中心として行なわれていた」とも書かれているが、
僕は京都出身なので「巻き寿司」はよく食べたが
あんな下品な食べ方は、見たことも、したこともない。

京都では「巻き寿司」と呼び、「恵方巻き」などという言葉も
聞いたことはなかった。

ウィキペディアには、「恵方巻きという名称は、1998年(平成10年)に
セブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に採用したことにより
広まったとされている。」と書かれており、
結局は「バレンタインデーのチョコレート」と同じで、
宣伝に踊らされているだけなのではないだろうか?

まあ、やりたい人はやれば良いけど、
下品だし、美味しくないし、
僕は「巻き寿司」は食べやすい大きさに切って、
美味しくいただきたいと思います。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 湯川氏を貶める情報の酷さ | トップページ | 二人目の人質も殺害 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻きの下品な食べ方:

« 湯川氏を貶める情報の酷さ | トップページ | 二人目の人質も殺害 »