フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« ようじ混入男も生活保護 | トップページ | イスラム国人質事件の不思議 »

2015年1月20日 (火)

安倍首相、人命第一の対応指示

過激組織「イスラム国」によるとみられる邦人殺害予告を受け、
日本政府は20日、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を、
外務省に緊急対策本部をそれぞれ設置し、事実関係の把握を急いだ。
中東訪問中の安倍晋三首相は20日、菅義偉官房長官に対し「人命第一」に
対処するよう指示。政府は関係国と連携するなどして、
対応に全力を挙げる方針だ。
(時事通信1月20日(火)16時54分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150120-00000091-jij-pol

勝手に危険なところへ行った湯川という男や
フリージャーナリストなど放っておけばよい
という方も多いだろう。

しかしながら国を預かるリーダーは、そういうわけにはいかない。

1977年のダッカ日航機ハイジャック事件で、当時の「福田赳夫」首相が、
「人の命は地球より重い」と言って身代金を払い、
超法規的措置として服役中の過激派メンバーなどを開放した。

日本の弱腰はずいぶんと海外からも叩かれたが、
日本らしい対応であったとも思う。

もちろん、その身代金で、開放した過激派が、
さらに残虐な犯罪を起こす可能性がないとはいえない。

しかしながら、今まさに殺されようとしている日本国民を
見捨てるわけにはいかなかったのだろう。

日本は自衛隊の特殊部隊が海外へ出て行って
人質を救い出すというわけにはいかないのだ。

今回、身代金が支払われるかどうかはわからないし、
人質は殺されてしまうかもしれない。

しかしながら、日本を預かるリーダーとして「人命第一」以外に、
取り得る対応はないのだと思います。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« ようじ混入男も生活保護 | トップページ | イスラム国人質事件の不思議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、人命第一の対応指示:

« ようじ混入男も生活保護 | トップページ | イスラム国人質事件の不思議 »