フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本は何処へ | トップページ | 落とし物を拾う »

2015年2月 7日 (土)

日本7年ぶりに造船受注量1位


1月の船舶受注量で、日本が韓国と中国を抜き、1位になった。
海運・造船市況分析機関の英クラークソン が6日までに明らかにした。
(聯合ニュース 2015/02/06 08:09)

まあ、良いニュースなんでしょうね。

それにしても、韓国や中国が造船のような分野でも
1、2位を占めていたことが驚きです。

セウォル号の悲劇とか、気にしないんでしょうか?

日本約46%、韓国約31%、中国約18%と
この上位3カ国で、世界の船の95%を造っていることになります。
欧米はみんなこれらの国から輸入しているんですかね?

サムスンのスマホがよく爆発するなんて聞きますが、
韓国や中国が造った船が、よく沈まないものですね。

やっぱり部品は日本製だから大丈夫、
といったところでしょうか。

円安というか、無茶な円高が是正されれば、
普通の国は日本に発注するでしょう。

日本は貿易赤字が続いていますが、
そろそろ貿易収支でも
黒字に転換してもらいたいですね。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 日本は何処へ | トップページ | 落とし物を拾う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本7年ぶりに造船受注量1位:

« 日本は何処へ | トップページ | 落とし物を拾う »