フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 驚くべき日教組の反日教育 | トップページ | 問われる大阪市民の民度 »

2015年2月 8日 (日)

IS(イスラム国)とは何なのか?


僕が最初に「イスラム国」のことを取り上げたのは、
昨年10月16日の「イスラム国が奴隷制復活?」
というエントリーだった。

そこで、僕は「イスラム国が奴隷制を復活し、
女性や子供を戦利品扱いにしている」というニュースに対し、
これが日本の「慰安婦問題」同様、イスラム国を貶める
米国の印象操作ではないか、という疑問を呈している。

「イスラムを冠する国家が、世界のあらゆる国々が
イスラムを嫌悪するような行為を、なぜやるのか?」
というのが当時の僕の疑問だった。

しかしながら、このIS(イスラム国)というのは、
「イスラム国家」でも何でもなく、ただの「暴力集団」、
「ならず者たち」であることが分かってきた。

では、あのIS(イスラム国)が何のためにつくられたか、
を考えてみると、そこにはやはり「イスラム教を貶めるため」
という目的が見えてくる。

人質を捕らえて、首を切り落とし、胴体の上に置いた映像、
人質を檻に入れ、火をつけて焼き殺す映像、
こうした映像を見て、我々は恐怖を感じるとともに、
イスラム教に対する不信感、異常な宗教というイメージを
刷り込まれていくのだ。

それによって利益を得るのが誰かを考えれば、
裏で糸を引いている勢力が見えてくる。

安倍総理の「ISIL」いう言い方を、
必ず「イスラム国」と言い直す日本のマスコミも、
恐らくそうした勢力とつながっているのだろう。

中東では、イラクのフセイン政権など近代的な政権ができると、
大量破壊兵器の保持などと難癖をつけられ、政権を崩壊させられてきた。

中東は世界最大の産油地域だ。

この地域を不安定にして、自らの利益を最大化しようという
守銭奴たちがここでも跋扈しているのである。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 驚くべき日教組の反日教育 | トップページ | 問われる大阪市民の民度 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IS(イスラム国)とは何なのか?:

« 驚くべき日教組の反日教育 | トップページ | 問われる大阪市民の民度 »