フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 二人目の人質も殺害 | トップページ | 恵方巻きは遊女のお遊び »

2015年2月 1日 (日)

人質殺害事件の総括


今日のテレビは後藤氏が殺害された事件一色になった。

マスコミや左翼政党は、明日から安倍政権叩きにこの事件を
利用するだろうが、私たちはそうしたプロパガンダに騙されないように
この事件を総括しておかなければならない。

まず、湯川氏も後藤氏も自ら危険な紛争地帯に入ったということ。
そもそも彼らが紛争当事国に侵入するなどと言う軽率な行動をとらなければ
今回のような事件が起こることはなかった。

次に、今回の事件について日本政府の対応に誤りはなかったということ。
テロに屈しないという姿勢を貫くためには、身代金を支払うことも、
死刑囚解放をヨルダン政府に迫ることもできないわけで、
日本政府の取りうる対応は限られていた。

もしテロに屈し、ISILの言うことを聞いていれば、
ISILの犯罪行為はエスカレートし、日本人がその犯罪に巻き込まれる
可能性はさらに高まっていくだろう。

それから後藤氏はISILの犯罪よる被害者であって、断じて英雄などではない。
テレビは彼の過去の言動を過剰に美化して報道しているように感じられるが、
動機は何であれ、彼は危険な紛争地帯に足を踏み入れた無謀な人間であり、
その誤った行為により命を奪われてしまったのだ。

とにかく悪いのはISILであって日本政府ではないということだ。
日本政府を非難する人々は、自分たちが犯罪組織ISILの側に立って
発言していることを忘れてはいけない。

日本の反日マスコミが、ISIL側に立って
日本政府批判のボルテージを高めることは容易に想像ができるが、
我々国民はそうした扇動に乗せられないように
注意しなければならないと思います。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 二人目の人質も殺害 | トップページ | 恵方巻きは遊女のお遊び »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人質殺害事件の総括:

« 二人目の人質も殺害 | トップページ | 恵方巻きは遊女のお遊び »