フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 建国記念日 | トップページ | 隠蔽されるヘリウム事故 »

2015年2月12日 (木)

サムスン日本撤退検討


サムスンの日本におけるスマートフォンのシェアが
17%から4%にまで下落し、日本市場からの撤退を
検討し始めたのだという。
(Business Korea via Neowin 2015年02月11日 16:00)
http://gensen2ch.com/archives/22465667.html

まあ、当然と言えば当然で、日本にはサムスンなどより
高い技術を持ったメーカーがひしめき合っているのだから
そもそもサムスンなどの韓国メーカーが入り込む余地など
なかったのだ。

NTTドコモが、ソニーとサムスンのスマホを2トップと
持ち上げた時には、どうなることかと思ったが、
日本の消費者はそれほどバカではなかったことが
証明されたわけです。

次はソフトバンクですね。

いくら何でも「日本人は犬の子供」と韓国人にとって
最大級の侮蔑の意味を含んだCMを流し続けられて、
それでもソフトバンクと契約する日本人がいるのは
信じがたい話です。

ソフトバンクは、在日朝鮮人・帰化朝鮮人専用の
携帯電話会社として存在するのは仕方がありませんが、
日本人が契約する会社ではありえません。

サムスンの次は、ソフトバンクです。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 建国記念日 | トップページ | 隠蔽されるヘリウム事故 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムスン日本撤退検討:

« 建国記念日 | トップページ | 隠蔽されるヘリウム事故 »