フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 白鵬の審判批判は幕引き | トップページ | テレビ局が後藤氏をシリアへ? »

2015年2月 3日 (火)

後藤健二氏の英雄化

政府が渡航禁止地域に指定した紛争地に入り込み、
テロリスト集団ISILに惨殺された後藤健二氏の英雄化が進んでいる。

「後藤氏の英雄化=安倍政権への批判」という図式なのだろうか?
左翼マスコミから不気味に広がりつつあるようにも思える。

死者を悪く言うつもりはないし、
政府が渡航を自粛するように何度も止めたのに、
それでも紛争地に行ってしまったことで
自己責任だと切り捨てるつもりもない。

しかしながら過去のさまざまな言動がテレビで流され、
平和の伝道師であるかのような報道を見せられると、
違和感を持たざるを得ない。

最初の捕らわれの動画の中で、後藤健二氏のまばたきが多かったことで、
それが「助けるな」「見捨てろ」とのモールス信号だった、
というような噂話までが、まことしやかに飛び交っている。

僕の調べた限りでは、ほとんどが「まばたきでメッセージを送っていたらしい」
という伝聞に基づくもので、専門家によるソースなどどこにも示されていない。

もし、彼にそうした意思があったのならば、
なぜ何度も「自分の命を救ってもらう」ようなメッセージを
収録し続けたのだろうか?

なぜ、「もうそんなメッセージを日本政府や国民に送りたくない」
と断らなかったのだろうか?

「まばたきでメッセージを送っていた」という事の真偽は、
僕は専門家ではないのでわからないが、
そうした噂話や彼の一部の行動を切り取って賞賛するのは、
彼を逆に辱めることになりはしないか?

少し前の週刊文春には500万円の横領疑惑や風俗店経営の話などが
掲載され、それがデマであるという情報もネット上で駆け巡っている。

彼は、湯川遥菜氏を救うために(と言われている)ISILの支配地域に入り、
そしてISILに捕えられ、気の毒にも殺されてしまった。

事実としてはそれだけのことで、それ以上でも、それ以下でもない。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 白鵬の審判批判は幕引き | トップページ | テレビ局が後藤氏をシリアへ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後藤健二氏の英雄化:

« 白鵬の審判批判は幕引き | トップページ | テレビ局が後藤氏をシリアへ? »