フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 恵方巻きの下品な食べ方 | トップページ | 人質殺害事件の総括 »

2015年2月 1日 (日)

二人目の人質も殺害

(昨日のエントリーは、死者を中傷する内容でしたので
削除しました。)

さて、日本時間の1日5時過ぎ、イスラム過激派組織ISILが
後藤健二氏を殺害したとする動画がインターネット上に投稿された。

今回の事件では、湯川遙菜氏・後藤健二氏ともに
自ら紛争地域に入っていったこと、両氏の特異な経歴やキャラクター、
後藤氏の母親による異様な会見などにより、事件はさまざまな憶測を呼んだが
結局は、ISILというテロ組織が、罪のない人間を拘束し、
脅しの材料に使い、挙句の果てに殺害するという
愚かで残虐な犯罪以外の何物でもなかった。

日本政府にできることは限られており、
人質を救出することは極めて難しかった。

しかしながら日本政府は日本人を守る責任があり、
こうした事態に多様な対応ができるように
今後、自衛隊の活用なども考えていかなくてはならないだろう。

紛争地域での事件だけでなく、日本人は狙われてもいる。

いつまでたっても解決できない北朝鮮による拉致事件をはじめ、
つい最近も韓国で2人の日本人が行方不明になった。

国内でも外国人犯罪が激増している。

こうした犯罪に日本人が備えるために、マスコミが正確な情報を迅速に
伝えることが不可欠なのだが、現状ではそうはなっていない。

世界情勢がどんどん不安定化する中で、
日本はいつまでも平和ボケのぬるま湯に浸かっているわけには
いかないのだと思います。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 恵方巻きの下品な食べ方 | トップページ | 人質殺害事件の総括 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人目の人質も殺害:

« 恵方巻きの下品な食べ方 | トップページ | 人質殺害事件の総括 »