フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 米大使を刺しちゃった! | トップページ | 「有休消化義務」って何のため? »

2015年3月 6日 (金)

対岸の火事ではなく


駐韓米大使襲撃事件は対岸の火事ではない。

犯人が韓国人であろうが、北の工作員であろうが、
問題は彼らが朝鮮人だということだ。

そろそろ朝鮮人の異常性に世界が気づき始めているが、
その朝鮮人が大量に住んでいるのがこの日本だ。

先日の多摩川河川敷の中一惨殺事件も、
あの女子高生コンクリート詰め殺人事件も、
日本人が起こした事件とはとても思えない。

この瞬間も日本人は、襲われ、財産を奪われ、
レイプされ、殺されているのだ。

北には多くの拉致被害者が今も日本への帰還を待ちわび、
南では産経新聞元ソウル支局長が自由を奪われている。

一刻も早く北と南の拉致被害者を奪還し、
南からは投資している企業を引き上げ、
日本にいるすべての朝鮮人は帰還させ、
少しずつ断交を進めるべきだ。

駐韓米大使襲撃事件は世界では驚くべき事件だが、
韓国ではごく普通の事件である。

犯人は駐韓日本大使にもコンクリート片を投げつけ、
隣にいた通訳者が怪我をしても、
執行猶予付きの有罪判決にしかならなかった。

伊藤博文を暗殺した安重根が英雄となり、
桜田門事件で天皇陛下に手榴弾を投げつけた男が
今では切手になっているという。

とにかくまともな国ではないし、
まともな民族ではない。

こんな国を大切な隣国といっている日本は、
本当におめでたい国として
世界中から笑われているのである。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 米大使を刺しちゃった! | トップページ | 「有休消化義務」って何のため? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対岸の火事ではなく:

« 米大使を刺しちゃった! | トップページ | 「有休消化義務」って何のため? »