フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 韓国籍俳優による暴力事件 | トップページ | 朝鮮総連議長宅を家宅捜索 »

2015年3月25日 (水)

スパイ天国「日本」


虚偽の住所で長男の外国人登録を申請したとされる外国人登録法違反容疑などで
大阪府警に逮捕された中国籍の貿易会社代表取締役の男(62)=大阪市=
について、大阪地検は3月23日、処分保留で釈放した。
地検は処分理由を明らかにしていない。
男をめぐっては警察当局の捜査で、日本で諜報活動をしていた疑惑が浮上している。
だが、日本にはスパイ防止法がないため、諜報活動そのものの容疑で
身柄を拘束して調べることはできない現状がある。
(産経WEST 2015.3.23 20:17)
http://www.sankei.com/west/news/150323/wst1503230069-n1.html

せっかく捕まえたのに不起訴処分。

スパイ防止法は、その必要性が何度も叫ばれながら、
いまだに立法化されていない。

スパイはし放題。外国人が土地を買うのは、水源であっても、
自衛隊の基地の周りであっても自由。
外国勢力がマスコミを支配するのも自由。
日本人のための生活保護や年金を外国人が受けるのも自由。
日本人を殺しても、未成年であったり、精神疾患があれば
無罪も同然。

これで法治国家と呼べるのでしょうか?

憲法を改正し、法律を整備し、自衛隊を国軍にし、
一刻も早く日本を普通の国にするべく、
安倍総理には頑張ってもらいたいものです。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 韓国籍俳優による暴力事件 | トップページ | 朝鮮総連議長宅を家宅捜索 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパイ天国「日本」:

« 韓国籍俳優による暴力事件 | トップページ | 朝鮮総連議長宅を家宅捜索 »