フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 朝鮮総連議長宅を家宅捜索 | トップページ | 公安職員、守秘義務違反 »

2015年3月27日 (金)

人気漫才師の反日ネタ

人気急上昇中の吉本芸人「8.6秒バズーカ」に
在日疑惑、反日ネタ疑惑が広がっている。

まずコンビ名の「8.6秒バズーカ」が
8月6日に広島に落とされた原爆を
意味しているのではないかということ。

それから、彼らのネタで繰り返し出てくる
「ラッスンゴーレライ」という言葉が、
Listen! Gorilla!(聞け!日本猿!)、
または、米軍が原爆を落とす際に使う命令
『落寸号令雷』 を意味しているのではないか?
というのである。

まあ、ソフトバンクの犬のお父さんのCM
(日本人をケセッキ=犬の子供と馬鹿にしたもの)
に特徴的な、朝鮮人だけにわかる日本人侮蔑ネタ
というのが彼らのお気に入りなのだ。

どんなネタをやろうが彼らの勝手だけど、
そうしたものを日本人が応援するのだけは
やめようよ、と僕は思います。

この噂はもうかなり広がっているようですが、
知らない人には教えてあげましょう!

詳しくは、こちらで。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5774.html


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 朝鮮総連議長宅を家宅捜索 | トップページ | 公安職員、守秘義務違反 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人気漫才師の反日ネタ:

« 朝鮮総連議長宅を家宅捜索 | トップページ | 公安職員、守秘義務違反 »