フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本を自由にさせない米国 | トップページ | 慰安婦否定の補助教材? »

2015年3月12日 (木)

沖縄よどこへゆく

9日放送の「ビートたけしのTVタックル」で
「辺野古でデモをしている人は、ほとんどが外部から来た人」
「選挙の時には何千人もが引っ越してくる」
という証言が飛び出したそうだ。

今や沖縄は、反日左翼の過激派や韓国人・中国人などに
乗っ取られているかのように見える。

もともと基地の恩恵を最大限に受けながら
反基地を叫ぶ沖縄県民の姿勢に問題はあるが、
そこに外部のおかしな人間が入り込んで
問題をさらに複雑化している。

危険な基地といわれる普天間も、
当初基地がつくられた時には人は住んでおらず、
基地ができてからその周りに人が移り住んだ
といわれている。

で、世界一危険な基地などと騒ぎはじめて
移設問題が持ち上がったのだ。

辺野古への移設だって、
沖縄の理解を得ながら進められたはずなのに、
あのルーピー鳩山が「最低でも県外」などと
馬鹿なことを言い出してからおかしくなった。

今の辺野古への反移設デモは、
明らかに異常である。

相手は過激派や外国人なのだから、
もうちょっと厳しく対応し、早く移設を
完了させるべきだと僕は思います。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 日本を自由にさせない米国 | トップページ | 慰安婦否定の補助教材? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄よどこへゆく:

« 日本を自由にさせない米国 | トップページ | 慰安婦否定の補助教材? »