フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 安倍包囲網の脅威 | トップページ | 日本を自由にさせない米国 »

2015年3月11日 (水)

生保受給者が薬をネット販売

病院をかけ持ちして、向精神薬を必要以上に処方されていた生活保護受給者が、
厚労省の調査で2012年の1か月だけで5000人以上にも上っている。
多くは、不安になってあちこちで薬をもらったケースだというが、
こうした「過剰処方」が不正の温床になる恐れもあるようだ。
生活保護受給者は、医療費が公費で全額賄われ、薬は無料で手に入る。
こうしたことから、過剰な診療や薬の服用が起きやすいと言われ、
厚労省には、会計検査院からも対策を求められていた。
(J-CAST NEWS 2015年3月10日(火)19時57分配信)
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/jcast-20150310-230020/1.htm

そもそも生活保護は不正受給者が後を絶たないほどモラルが低下しており、
また働かず暇を持て余していることで、昼間から酒を飲んだり
犯罪に手を染める不逞な輩が増えるなど問題の多い制度だ。

そのうえ医療費が公費で全額賄われることから、複数の病院で向精神薬を
処方してもらい、ネット販売する組織まで現れたという。

2010年には、大阪のあいりん地区に住む受給者に病気を装って通院させ、
薬を買い取って3年で2,000万円も儲けたグループもあるそうだ。

このまま生活保護制度を放置していると、
日本人の腐敗・堕落はますます酷くなっていくだろう。

年をとったら生活保護を受ければいいと考える人が増えれば、
そのうち年金制度まで崩壊してしまうかもしれない。

国民年金を40年間払い続けても、月額7万円弱しかもらえないのだから、
場合によっては20万円近くもらえる生活保護の支給額は異様に高い。

何らかの理由により働くことができず、本当に困窮している人ならいざ知らず、
仕事を選ばなければ職にありつける受給者は多いと思われる。

受給資格や受給金額の妥当性など、今一度精査し、
制度そのものを見直すべき時に来ているのではないか?

このまま生活保護を放置していると、
日本人の倫理観はおかしくなってしまうと思います。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 安倍包囲網の脅威 | トップページ | 日本を自由にさせない米国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生保受給者が薬をネット販売:

« 安倍包囲網の脅威 | トップページ | 日本を自由にさせない米国 »