フォト

おすすめ本

« 寿司店が中国人の予約を拒否 | トップページ | Made in ROK? »

2015年4月30日 (木)

群大病院術後死18人超


群馬大病院で肝臓手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、
これまでに病院が公表している18人の死亡者以外に、
同じ医師の手術を受けた患者1人が死亡していたことが30日、
被害対策弁護団への取材で分かった。
この患者は術後8日目に死亡したといい、
弁護団は「一般的に考えて手術関連死の疑いがある」として
病院側に調査を要請する方針。
ほかに同様の死亡例がないかについても確認を求める。
弁護団によると、患者は70代の女性で、07年に肝門部胆管がんで
手術を受け肝臓を切除するなどしたが、術後に死亡した。
群馬大病院は取材に「現時点では答えられない」としている。
(共同通信 2015年4月30日(木)12時52分配信)
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2015043001001236/1.htm

群大病院で同じ医師の手術を受けた患者が大量に死亡しているが、
これって殺人事件ではないのだろうか?

もちろん医師だって失敗することはあるだろうし、
その都度責任を問われていたら手術なんてできないだろう。

しかしながら、同じ医師が18人以上の死者を出した
という事になると事情は変わってくる。

わざと殺したという可能性はないのだろうか?

和歌山在住の在日韓国人医師が、日本人に対して
殺人予告した例もある。

この医師がわざと殺したのではないとしても、
未熟な医師に手術をさせ続けた病院側の過失は
問われなければならないだろう。

それにしても病院内で問題視されなかったことこそが
問題だと思います。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 寿司店が中国人の予約を拒否 | トップページ | Made in ROK? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

寝たきりや植物状態にされた患者さんもいるかもしれませんね。

医者の経歴・症例数などは公表を義務付けるべきだと思いますが、医師会の金に屈服している政治家は、国民の命のことなど眼中にないのです。

被害に遭ったと自覚した人で訴訟にまで行ける人が一割、勝訴(1円でも認められたら勝訴)は、そのうち二割だそうです。

被害に遭うまでは、他人事なのです。TVでは、名医らしき人が、いかにも良心的で厳格な物言いをしていますから、視聴者は騙されます。ヤブ医者を守る目的の組織である医師会は、マスゴミとも共犯者でしょう。製薬会社は大スポンサーですから。

コメントありがとうございます。医療のことには不案内なので、仰る通りなのでしょうね。医師の経歴は僕も知りたいですし、医師が訴えられたという話はほとんど聞きません。しかしながら、今回のケースは2つの意味で特別です。一つは同様の手術で18人以上の死者を出し得たこと(人体実験か!)。もう一つはそのことが病院内で問題にならなかったこと(よくあること?)。この医師は、命の軽視が甚だしいし、家族にそのリスクを伝えていなかったとすれば、倫理的にも問題がある。殺意がなかったとしても、死んでも構わないと思っていたのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群大病院術後死18人超:

« 寿司店が中国人の予約を拒否 | トップページ | Made in ROK? »