フォト

おすすめ本

« チョッパリピース | トップページ | 高浜原発、再稼働認めず »

2015年4月13日 (月)

民主大健闘


民主党は、統一地方選前半戦の議員選で、議席を前回から大幅に減らし、
党勢回復の道のりが見えない現状が露呈した。
同党は統一選を来年夏の参院選に向けた「党再生の土台固め」と
位置づけていたが、戦略の練り直しを迫られそうだ。
民主党は、41道府県議選で前回を82議席下回る264議席獲得にとどまった。
17政令市議選でも、得票同数で14日に当選者が決まる熊本の1議席を除き、
前回147議席から126議席に減らし、共産党に「野党第1党」の座を奪われた。
大阪市議選では、公認候補11人全員が落選した。
(読売新聞 4月13日(月)11時47分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00050068-yom-pol

僕には、いまだに民主党に投票する人がいる
という事自体が信じられない。

だから、新聞等で「民主党惨敗」という見出しを見るたびに
表題の通り「民主大健闘」という思いを強くする。

民主党に政権交代し、鳩山が、管直人が、野田が何をしたか、
みんな忘れてしまったのだろうか?

民主党の議員の多くが帰化朝鮮人であり、
日本のためではなく韓国や中国のための政治を行っていることを
みんな知らないのだろうか?

大阪市議選のように、公認候補11人全員が落選するというのが、
今の民主党にふさわしい姿だ。

民主党の減少分が、共産党に流れたというのも信じがたい。

共産党というのは、天皇陛下を否定しているのである。
日本の国体を否定する政党が、この国に存在することすら異常なのに、
共産党が自民批判票の受け皿として、拡大しつつあることが
僕には不気味で仕方がない。

もちろん自民党に不満がないわけではない。

その不満票が行き場を失っているというのが、
現在の日本の最大の問題なのだ。

大阪維新の会が、大阪で過半数は逃したものの
第1党になったのも嫌な感じだ。

いまの日本に必要なのは、安倍政権が行っている
日本国を貧しくする親米グローバル路線を、
日本人を豊かにする国民経済成長路線に
押し戻してくれる政党だ。

そんな政党があらわれてほしいのだけれど、
今はまだ、その兆しすらありません。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« チョッパリピース | トップページ | 高浜原発、再稼働認めず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主大健闘:

« チョッパリピース | トップページ | 高浜原発、再稼働認めず »