フォト

おすすめ本

« 日本国債格下げって、おい! | トップページ | 群大病院術後死18人超 »

2015年4月29日 (水)

寿司店が中国人の予約を拒否

2015年4月27日、AFP通信によると、ミシュラン2つ星を獲得している
日本の寿司店「鮨 水谷」が中国人客の予約を拒否したことが物議を醸している。
報道によると、ある中国人が同店に予約を入れようとしたが、
外国人であることを理由に断られたという。
店側は、「外国人客は予約を入れても来ないことがあり、
仕入れた魚や準備が無駄になる上、売り上げもなくなる。
これは差別ではない」としている。
(RECORD CHINA 4月29日(水)8時32分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00000017-rcdc-cn&pos=2

個別の店が外国人客の予約を受けようが断わろうが自由である。
店の方針で外国人を受け入れないとしても問題ない。

マナーも知らない中国人が来たら、高級寿司店は困るだろう。
何でも受け入れられると思っている方がどうかしている。

韓国には「犬と日本人はお断り」という店があるらしいが、
そんな国には行かなければよいだけだ。

予約を断わられた中国人は二度と日本に来なければよい。

僕は中国人の団体が宿泊する温泉宿には絶対に泊まりたくないが、
これはせっかくの旅行で不愉快な思いをしたくないからだ。

反日国家の国民である中国人や韓国人は、日本に来ない方がありがたいが、
外国人客を当てにしているホテルやデパートは困るだろうから、
そうしたところでは反日国家の国民であっても歓迎されるだろう。

歓迎してくれるところもあれば、歓迎されないところもある。

それだけのことだ。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 日本国債格下げって、おい! | トップページ | 群大病院術後死18人超 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿司店が中国人の予約を拒否:

« 日本国債格下げって、おい! | トップページ | 群大病院術後死18人超 »