フォト

おすすめ本

« 安倍総理のチョッパリピース | トップページ | 安倍談話のゆくえ »

2015年4月19日 (日)

村上春樹の反日発言

2015年4月17日、AFP通信によると、作家の村上春樹氏が
「日本は20世紀に韓国、中国やその他の国を侵略したことについて、
相手国が納得するまで謝罪すべきだ」と発言した。
(RECORD CHINA 4月18日(土)3時42分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000005-rcdc-cn

AFP通信によると、と言うことで韓国系や中国系の報道機関が
報じているが、ネット上では日本のマスメディアの報道は
見当たらない。

これが事実とすれば、村上春樹というのは
どういう人間なのだろう?

彼は言う。
「相手国が『われわれは必ずしも完全に忘れられるわけではないが、
日本は十分に謝罪をした。だからこれで終わりにしよう』と言うまで、
日本は謝罪すべきだ」

大変馬鹿げたことではあるが、
本当に日本は、そのようにしてきたのである。

日韓基本条約で11億ドル(当時の韓国の国家予算が3.5億ドル)
にも上る経済協力金を支払い、歴代首相が謝罪をくり返し、
金大中にはもう二度と歴史問題を持ち出さないとして
1兆円以上を支払わされた。
(中国にもODA等で莫大な金額を支払っている)

それでも中韓は、今もなお謝罪と賠償を要求しているのだ。

日本はそもそも謝罪も賠償も必要ではなく、
(日本の行為が侵略であったとして、侵略国が侵略された国に
謝罪や賠償をした例はない。ドイツも責任はすべてナチスに押しつけ、
国家賠償をまったくしていないことは、
先のギリシャの賠償要求を見てもわかるところである)
それにもかかわらず謝罪と賠償を続け、
いい金づるとしてむしり取られ続けているのだ。

なぜ村上春樹は、いま、このタイミングで中韓寄りの
発言をするのだろう。

これは恐らく、安倍総理の訪米と関係があると思う。

安倍総理の米国での演説に、謝罪の文言を入れさせたいと
望む何者かから依頼されたのだろう。

来年のノーベル賞でも餌にされたのかも知れないが、
村上春樹というのは不思議な人間だ。

2011年スペインの「カタルーニャ国際賞」の受賞スピーチでも、
脱原発的な発言をしており、この時から反日エージェントのような
活動をしているのだが、この男はいったい何者なのだろう?

この時も、広島にある原爆死没者慰霊碑に刻まれている
「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませんから」
という言葉を持ち出し、原爆を落とされたのが
まるで日本の責任であるかのような発言をしている。

過ちを犯したのは米国ではないのか?

日本を侵略国として謝罪と賠償を要求し、
原爆を落とされたら日本の過ちだと糾弾するなど
この男の反日ぶりはある意味徹底している。

僕も以前はこの男のファンで、小説はほとんど読んでいるが、
晩節を汚し、日本人からは賞賛されずにノーベル賞を取ることが
この男の夢なのだろうか?

桑田佳祐といい、村上春樹といい、日本で有名になり、
使い切れないほどの金を稼いで豊かな生活をし、
それでいながら反日に血道を上げるというのは
どういう神経なのだろう?

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 安倍総理のチョッパリピース | トップページ | 安倍談話のゆくえ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹の反日発言:

« 安倍総理のチョッパリピース | トップページ | 安倍談話のゆくえ »