フォト

おすすめ本

« 安倍総理のスピーチ(全文) | トップページ | 北野武も「謝罪せよ」 »

2015年4月24日 (金)

本名の使用を勧め、賠償命令


勤務先の社長が本名の韓国名を名乗るよう強要したのは
人格権の侵害などとして、静岡県の40代の在日韓国人男性が社長を相手に、
330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、静岡地裁であり、
大久保正道裁判長は社長に55万円を支払うよう命じた。
訴状によると、男性は韓国籍だが日本で生まれ育ち、日本名の通称を使用。
社長は2012年11月~13年5月、他の社員の前で
「朝鮮名で名乗ったらどうだ」などと繰り返し発言した。
男性は屈辱と精神的苦痛を味わったと主張。社長側は「在日韓国人らは誇りを
持って本名を名乗るのが本来の在り方と考え問いかけただけだ」と反論していた。
(時事通信 4月24日(金)13時26分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00000086-jij-soci

偽名を使っている人に本名を名のるように勧めたことで、
賠償を命ぜられるなどという国は、
世界広しといえども、日本くらいではないだろうか?

本名を名のるよう勧めることの何が、
人格権の侵害なのか?

静岡地裁の大久保正道裁判長の判決は
異常としか言いようがない。

在日韓国人は、なぜ本名を名のることなく
日本で生きていくことができるのか?
このことすら一般の日本人のコンセンサスを
得ているわけではない。

「在日韓国人らは誇りを持って本名を名乗るのが
本来の在り方と考え問いかけただけだ」
という社長の意見はどこから見ても正当なものだ。

出自を隠し、偽名を使って生きるより
本名を使って生きていくことの方が、
本人の精神衛生上も良いのではないか?

バレたらどうしようとオドオド生きるより、
出自を明かして堂々と生きればいい。

そうすれば在日朝鮮人へのイメージも
少しは改善するのではないでしょうか。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 安倍総理のスピーチ(全文) | トップページ | 北野武も「謝罪せよ」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本名の使用を勧め、賠償命令:

« 安倍総理のスピーチ(全文) | トップページ | 北野武も「謝罪せよ」 »