フォト

おすすめ本

« 韓国元徴用工、日本企業を提訴 | トップページ | 安倍総理のスピーチ(全文) »

2015年4月22日 (水)

川内原発差し止め却下


原子力規制委員会の新規制基準に基づく審査に合格した九州電力
川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の運転差し止めを
住民らが求めた仮処分申請で、鹿児島地裁は22日、住民らの訴えを
却下する決定をした。事実上再稼働を認めたことになる。
前田郁勝裁判長は「新規制基準に不合理な点は認められない」と指摘した。
(日本経済新聞 2015/4/22 10:58)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC22H0U_S5A420C1000000/

「周辺住民」という名の左翼活動家らが、
日本の国力を弱めるためにすべての原発再稼働を停止に追い込もう
とする活動に対し、鹿児島地裁はNOを突きつけた。

関西電力高浜原発の再稼働を認めなかった
福井地裁の「樋口英明裁判長」とは真逆の判断を下したことになる。

今回の決定で鹿児島地裁の「前田裁判長」は、新規制基準について
「専門的知見を有する規制委が相当期間、多数回にわたる審議を行うなどして
定められたもの」と指摘し、「最新の科学的知見に照らし、
内容に不合理な点はない」と判断したのだが、
福井地裁の「樋口英明」は、何ら科学的根拠なく「新規制基準は合理性を欠く」
として運転差し止めを認める仮処分決定をしてしまった。

この真逆の判断について、日本の司法はどう責任を取るのだろう。

結局、司法が責任を問われることはなく、
彼らがいかにいい加減な存在であるかを露呈してしまうことになる。

つまり、司法の判断というのは、何の根拠にも基づいておらず、
裁判官それぞれの個人的な感覚で判断が分かれてしまうという事なのだ。

「だから上級審がある」と言われるかもしれないが、
この判決は上級審に委ねるまでもない自明のもので、
「樋口英明」の愚かな判決によって、関西電力は莫大な損害を被り、
関西電力を使っている一般家庭や企業は、電気代の再々値上げにより
更なる苦境に追い込まれるのである。

「樋口英明」を、司法を裁く方法はないのだろうか?

関西電力と、それを使っている一般家庭や企業の怨嗟の声は、
誰がすくい上げてくれるのだろう。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 韓国元徴用工、日本企業を提訴 | トップページ | 安倍総理のスピーチ(全文) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川内原発差し止め却下:

« 韓国元徴用工、日本企業を提訴 | トップページ | 安倍総理のスピーチ(全文) »