フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« ドコモ・ギャラクシーの詐欺商法 | トップページ | 187人の阿呆たち »

2015年5月 7日 (木)

「慰安婦資料」世界遺産へ

7日付の韓国紙・ソウル新聞は、旧日本軍の従軍慰安婦関連資料を
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録するため、
韓国などが国際連帯推進委員会を21日に結成すると伝えた。
元慰安婦がいる中国、北朝鮮、オランダ、台湾、フィリピンと共同で
登録実現に向けた作業を行う。 
(時事通信 2015年5月7日(木) 11時54分掲載)
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6159140

本当に朝鮮人というのは何重にも狂っている
としか言いようがない。

まず、この「慰安婦資料」は大部分が捏造で、
日本を貶めることだけが目的なのだ。

だいたい、元慰安婦の大多数は日本人だったのだが、
なぜ日本人が含まれていないのだろう?

戦時下で売春を行なっていたのは日本軍だけではない。
その目的は、敵の非戦闘員に対し強姦などの残虐行為が
起こらなくするためだ。

日本軍の慰安婦への待遇は、世界の常識をはるかに超えるもので、
彼女たちは将校並の高給を得ていたと言われる。

ロシアなどは、慰安婦を持たず、現地の女性をレイプしまくり、
日本人も終戦時にはひどい目にあわされている。

韓国人もベトナム戦争に参戦し、ベトコンからは逃げ回ったが、
非戦闘員を見つけると、強姦・虐殺を繰り返した。

「慰安婦資料」には、日本軍がやってもいない嘘の残虐行為が、
これでもかというほど書き連ねられている。

こうした具体的な情報を日本のマスコミはほとんど伝えないが、
内容を見たら「こんなことを日本人がするわけがない」と
日本人なら誰もがわかるだろう。

昨年は中国が「南京大虐殺の記録と従軍慰安婦の資料」を
世界記憶遺産に登録申請している。

韓国はベトナムで、中国はチベットやウイグルで、
鬼畜ともいうべき残虐行為をしておいて
日本を非難するなど厚顔無恥としか言いようがない。

「慰安婦資料」に書かれていることは、
まさに中国人や韓国人が自国の国民やベトナム人・日本人に
行った残虐行為なのだ。

こうした狂った民族には、いつか天罰が下るに違いないし、
すでに、この二国には経済破たんが目前に迫っている。

その時世界のどの国が彼らに手を差し伸べるだろう。


お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« ドコモ・ギャラクシーの詐欺商法 | トップページ | 187人の阿呆たち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「慰安婦資料」世界遺産へ:

« ドコモ・ギャラクシーの詐欺商法 | トップページ | 187人の阿呆たち »