フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« サムスンの日本と米国CM | トップページ | どうしようもない民族 »

2015年5月14日 (木)

しつこく「シャーロット」問題


赤ちゃんザルに「シャーロット」と命名、どう思う?
という意識調査があって、
●失礼だと思う   25,418票(25.9%)
●失礼だと思わない 60,884票(62.0%)
●どちらでもない  11,888票(12.1%)
という結果が出ていた。
(5月14日現在)
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/other/16442/result

「失礼だと思う」が圧倒的多数だと思っていた
僕にとっては意外な結果だ。

コメント欄に「サルだろうがイヌだろうが何てつけようと
いいじゃない。何年かしたらシャーロットなんたらって
競馬の馬がきっと居る」という書き込みがあって、
それはその通りだと思うが、個人の所有物と公共の場での
命名というところに違いがある。

たとえば個人所有のペットなどの場合、
それこそ何と名づけようと、その人の自由だ。

本当のことを言えば、そうした場合でも
それなりの常識と配慮は必要な気がするが、
その周辺の人以外はあずかり知らぬ話だ。

今回の場合は、命名の対象が「サル」だったこと。
そして、その情報が拡散してしまった(英国大使館に
確認までしている)こと。

英国が王女誕生で祝賀ムードにある中、
「日本人が英王女をサル扱いしている」といったような
悪しき評判が立ちかねない事案だったと思う。

そうした誤解を生まない配慮をごく自然にできるのが
日本人なのではないか、と僕は思っているのだ。

あれも自由、これも自由、人から何と思われようと関係なし。
「僕はそうなりたくない」という話です。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« サムスンの日本と米国CM | トップページ | どうしようもない民族 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しつこく「シャーロット」問題:

« サムスンの日本と米国CM | トップページ | どうしようもない民族 »