フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 子猿「シャーロット」騒動 | トップページ | 「シャーロット問題」続報 »

2015年5月10日 (日)

大阪都構想と民主主義

いよいよ5月17日、あと1週間で大阪都構想の
是非を問う住民投票が行なわれる。

ところで、大阪都構想の意味するところを
大阪市民は知っているのだろうか?

今日テレビを見ていたら、
「わたし、橋下さん好きやから賛成」というおばさんが
インタビューを受けていて、ここまでではないにしても、
内容についてよく知らない人が多いのではないだろうか?

だいたい大阪都構想といいながら、この投票で大阪を
「都」にすることが決まるわけではない。

「大阪市を5つの特別区に分割する」というのが
今回の住民投票なのである。

ザックリ言って、大阪市が権限を持つ2,200億円の予算を
大阪府に移管するということが主たる内容のようだ。

そして大きなテーマとされている府と市の二重行政解消により
生まれる財源は、わずか1億円らしい。
https://www.youtube.com/watch?v=9ew0mOTeLUU

大阪市のために使われていた2,200億円もの予算が
大阪府に取り上げられてしまうのだから、
本来であれば大阪市民が賛成するわけがない。

と思うのだが、二重行政の解消で予算の効率化が図られ
ワン大阪のメリットで大阪が一気に発展する、というような
イメージが拡散され、あの民主党政権を選んだ時のように、
「一度橋下さんに任せてみよう」というようないい加減な判断で
「大阪市の5分割」が決定されるかも知れないのだ。

これも民主主義なのである。

というわけで民主主義というのは、
必ずしも優れたシステムではない。

有権者は簡単に騙されてしまうし、そうすれば世の中を
どんどん改悪することも可能なのである。

民主的なワイマール憲法の下でヒトラーのナチスが
台頭したように、「大阪維新」とか「大阪都構想」とか
耳障りのいい言葉に騙されて、大阪が破壊されていくのだ。

僕は橋下徹という男を信じることはできないし、
「大阪都構想」は大阪市民にとっても、大阪府にとっても、
日本全体にとっても、いいことはないと思います。

お前の言うことはもっともだと思われた方は、
右上のボタンを押してやってください。

« 子猿「シャーロット」騒動 | トップページ | 「シャーロット問題」続報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪都構想と民主主義:

« 子猿「シャーロット」騒動 | トップページ | 「シャーロット問題」続報 »