フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« ライザップ問題 | トップページ | マスコミの責任は問われず »

2015年6月26日 (金)

沖縄2紙を潰せ!


自民党の25日の勉強会で、安全保障関連法案に関して作家の百田尚樹氏らから
「沖縄2紙をつぶせ」など報道機関に圧力をかけるような発言が出た問題で、
安倍晋三首相は26日午前の衆院平和安全法制特別委員会の集中審議で
「報道が事実なら大変遺憾だ。(勉強会は)党の正式会合ではない。
有志の会合だ。発言がどのように報道されたかは確認する必要がある」と述べた。
(毎日新聞 6月26日(金)12時56分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000045-mai-pol

安倍総理の立場なら、こう言うしかなかったのだろうが、
百田氏の意見は間違ってはいない。

琉球新報と沖縄タイムスは、朝日新聞や東京新聞がまともに見えてくるほど
酷い偏向報道を続けていると言われており、こんな支那と結託した報道機関が
存在を許されている方が異常なのだ。

この2紙はもとより、朝日新聞も、毎日新聞も、東京新聞も、日経新聞も、
NHKも、テレビ朝日も、TBSも、フジテレビも、
全部潰してしまった方がいいくらいだ。

いま日本では、正しい発言をすると叩かれる。

それはマスコミが正しくないからで、そのことを日本人が
深く理解していないからでもある。

ところで、日頃捏造報道を繰り返す報道各社は、
そのたびに言論の自由、報道の自由を言い立てるが、
百田氏には「沖縄2紙をつぶせ」という
言論の自由はないのだろうか?

彼らの姿勢は、百田氏に自由な言論を許さないことにあるが、
そうした自由な言論を妨げる言論もまた、
彼らにとっての言論の自由ということになるのだろう。

要するにマスコミをはじめとする日本の反日勢力は、
何をやっても許されてしまうのです。

「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« ライザップ問題 | トップページ | マスコミの責任は問われず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄2紙を潰せ!:

« ライザップ問題 | トップページ | マスコミの責任は問われず »