フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 電車内AV撮影で逮捕 | トップページ | ライザップ問題 »

2015年6月24日 (水)

憲法9条は誰を守っているのか?

左翼のバカは、憲法9条によって日本の平和が
保たれてきたのだという。

〈憲法9条〉
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

もし、この憲法9条を徹底し、
さらに旧社会党の言う通り「日米安保条約」を破棄して、
非武装中立を貫いていたならば、
今頃日本という国はなかったかも知れない。

日本を守ってきたのは、憲法9条などではなく、
日米安保条約と自衛隊である。

さすがに民主党は、自衛隊が違憲とは
言わなくなった。

それを言えば、国民の支持を得られないと
知っているからだ。

自衛隊が違憲でないとすれば、集団的自衛権の行使も
違憲ではないだろう。

国家は自衛権を当然の権利として有しているとするならば、
同盟国が危機的状況にある時に、それを救援するのも
自然なことだ。

隣の仲間がやられているのに、それを助けることができない
というのは明らかにおかしいし、そんなことを縛る法律が
間違っていることは疑う余地がない。

最初の質問に戻れば、
憲法9条が守ってきたのは、日本を食い物にしようとする
中国であり、韓国・朝鮮であり、そして米国である。

米国には、日本を焼け野原にし、原爆を2発も落としたという
罪があり、本来であれば、それに相応する罰を受けなければならない。

韓国・朝鮮は、戦後から現在に至るまで、
日本女性をレイプし、日本人の財産を奪い続けてきた
罪を償わせる必要がある。

中国は、尖閣から沖縄を我が物にしようとする野望、
そして日本を侵略しようとする戦略を実現するのに
憲法9条は大変都合がいいのだ。

このように憲法9条とは、日本の平和を守るためではなく
日本を食い物にしようとする外国のための
憲法だと言って間違いない。

日本人は少なくとも、この程度のことは常識として
知っていなければならない。

9条守れと叫んでいるのは、
大多数が純粋な日本人ではないのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 電車内AV撮影で逮捕 | トップページ | ライザップ問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条は誰を守っているのか?:

« 電車内AV撮影で逮捕 | トップページ | ライザップ問題 »