フォト

おすすめ本

  • 亡国のエコ
  • お金と経済の仕組み
  • 騙されないための中東入門
  • 安倍晋三回顧録

« 日本人に対する残虐事件 | トップページ | MERS流行中の韓国人急増 »

2015年6月 8日 (月)

長江客船転覆、死者432人へ

まるで韓国のセウォル号を思わせるような事故が、
一年の時を経て中国で起こった。

これは何を意味しているのだろう。

この事故は中国と韓国の相似性をあらわして
いるのだと思う。

SARSが中国で流行して10年以上が経過し、
いま韓国でMERSが流行の兆しを見せている。

両者に共通しているのは、国民を大切にしない、
人命という人間が最も尊ばなければならないものを
まるで虫けらのように扱う民族性だということだ。

こうしたものを炙り出そうという何らかの意思が
働いているのではないだろうか?

MERSは拡散し続けているのに
韓国保健福祉部は「第1次の流行は収束」と発表。

432人もの死者を出した長江客船転覆事故で、
その原因は究明されるのだろうか?

規模は違うが、本当によく似た国だと思う。

「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 日本人に対する残虐事件 | トップページ | MERS流行中の韓国人急増 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長江客船転覆、死者432人へ:

« 日本人に対する残虐事件 | トップページ | MERS流行中の韓国人急増 »