フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本政府から朝鮮総督府への通達 | トップページ | 中国が本気で安倍政権打倒へ »

2015年6月13日 (土)

「日之丸街宣女子」の衝撃

遅ればせながら、話題の漫画「日之丸街宣女子」
を読んでみた。

この漫画では、日韓問題とはまったく無関係に
生きてきた14歳の女子中学生「朔川奏(さかがわかなで)」が、
幼なじみの同級生「土基創(つちもとそう)」
の行動に巻き込まれ、日韓問題の本質に
触れ、考え、気づき、目覚めていく話だ。

これは嫌韓意識を持つ今の多くの日本人が辿った道を、
「奏」の目を通して、誰にでも分かるように再現している。

始まりは李明博による竹島上陸、
そして天皇陛下に対する衝撃的な不敬発言だった。

それから嫌韓デモの実態、
それをカウンターの在日側に有利に編集して
伝えるテレビや新聞などマスコミの偏向報道。

これらを目の当たりにして、
「奏」は驚き、混乱しながら、
日本人としての意識に目覚めていく。

現実のエピソードを交えながら、
極めて多くの情報量を分かりやすく伝えているのは、
漫画ならではの力と言えるだろう。

多くの嫌韓本が出ているけれど、興味のない人にとって、
これらの本を読了するのは容易ではない。

「日之丸街宣女子」は、これまで日韓問題に興味のなかった層に、
気づきを与え、日本人としてどうあるべきかを考えさせる、
とても意味のある1冊だと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 日本政府から朝鮮総督府への通達 | トップページ | 中国が本気で安倍政権打倒へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日之丸街宣女子」の衝撃:

« 日本政府から朝鮮総督府への通達 | トップページ | 中国が本気で安倍政権打倒へ »