フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本の韓国化 | トップページ | 世界遺産登録、韓国再び反対 »

2015年7月 3日 (金)

異常な事件の真相


「頭部のない腐乱死体、大阪南港の海」
「暴行で高3死亡、茨城常陸太田」
「頭部のない猫の死骸相次ぐ、東京板橋」

イヤな事件が続いていますが、特に東京板橋の事件は、
人間への犯罪に繋がっていく可能性もあります。

こうした狂ったような犯罪が多発するのは、
この日本に狂ったような人間が存在するからだ
ということは間違いないでしょう。

我々は長らく、それを競争の激しさやストレス社会の
せいにしてきたけれど、最近ではその理由は
明確になってきました。

そう言えば、新幹線の焼身自殺に関する続報が
少なくなっていますね。

マスコミが報道したくない事実でも
出てきたのでしょうか?

犯人は、年金の少なさを理由に挙げているようですが、
パチンコに明け暮れていたという情報もあります。

でも、「なぜ新幹線で焼身自殺」なのでしょう?

これは、「誰かにそう命じられたから」という以外に
考えられないと僕は思います。

「年金が少なくて生活が苦しい」
「パチンコですって借金した」

それで、新幹線内で焼身自殺しようと考える人間は
確率的にゼロだと思います。

では、それを命じた人間は誰なのか?

新幹線にバッドイメージを植え付けたい
人たちだと考えられないでしょうか?

犯人は泣きながらガソリンをかぶった
という声もありました。

免許証のコピーが燃え残っていたのも不思議です。
(なんでコピー?)

まあ想像はいくらでもできますが、
恐らく真相は明らかにされず、
藪の中でくすぶり続けるのでしょう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 日本の韓国化 | トップページ | 世界遺産登録、韓国再び反対 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異常な事件の真相:

« 日本の韓国化 | トップページ | 世界遺産登録、韓国再び反対 »