フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 反日文化人&反日芸能人 | トップページ | どこの国の国会なのだ »

2015年7月15日 (水)

安保法案、衆院通過へ

集団的自衛権行使の解禁を柱とする安全保障関連法案は15日午後、
衆院平和安全法制特別委員会で自民、公明両党の賛成により可決された。
審議継続を強く求めた民主党など野党は採決阻止を試みて抵抗し、
与党が単独で強行した。安倍晋三首相は採決に先立つ締めくくり質疑で
「国民に十分な理解を得られていない」と認め「理解が進むよう
努力を重ねていきたい」と強調した。与党は16日にも衆院本会議で
可決・衆院通過させ、参院審議を経て今国会中に成立させる構えだ。
野党議員が採決反対を訴えるプラカードを掲げ、怒号が飛び交う中で、
与党は採決に踏み切った。
(2015年7月15日(水)8時25分配信 共同通信)
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2015071501000772/1.htm

不十分ながらも、わが国の防衛を強化する法案が、
衆院を通過するのは喜ばしい。

国会でテレビ用にプラカードを掲げ、採決反対を叫んでいるのは
ほとんどが帰化朝鮮人だと思われる。

浜田委員長が「賛成の諸君の起立を求めます」と言ったと同時に
プラカードを持って立ち上がったために、彼らは賛成したことに
なっているのだ(ああ、バカすぎて…)。

しかも、採決後にはプラカードや紙などを持ち帰らずにまき散らし、
議場をゴミだらけにするなど民度の低さをまざまざと見せつけた。

我が国の国会が、朝鮮系によっていかに汚染されているかを知る
いい機会になったのではないだろうか。

国会議事堂前でも、ご同輩が「強行採決反対」を叫んでいたという。

主催者発表で2,000人というから、
実際は200人くらいだったんでしょう。

最近のデモや集会は、安保法制反対派は大々的に報道されるのに、
賛成派のものは完全に黙殺されてきた。

本来は国民の大多数が賛成するはずのものなのに、
こうした報道統制によって流される人が多数にのぼり、
安倍政権の支持率も低下している。

この支持率そのものも、聞き方により大きく結果が異なることから
マスコミ発表を頭から信じることはできない。

先日も自衛隊の自殺率が高いという捏造報道をした東京新聞が
小さな「お詫びと訂正記事」を載せていた。

彼らの報道は、全く信ずるに足りないのである。

さすがにこの安保法案は、今国会中に参院も通過し
可決成立となるのだろう。

さて安倍政権は、このまま憲法改正まで
突き進めるのだろうか?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 反日文化人&反日芸能人 | トップページ | どこの国の国会なのだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案、衆院通過へ:

« 反日文化人&反日芸能人 | トップページ | どこの国の国会なのだ »