フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 東京五輪エンブレム盗作疑惑 | トップページ | 都庁の韓国化 »

2015年7月30日 (木)

韓流五輪のなぜ

新国立競技場問題はさておき、
東京五輪のおもてなし制服や五輪エンブレムの酷さには、
頭を抱えている人も多いだろう。

舛添要一は韓国を訪問し、平昌と東京五輪で
互いに協力し合うことを約束してきた。

舛添としては、それを粛々と
実行しているだけなのだろう。

東京五輪のおもてなし制服は、
明らかに李氏朝鮮の王宮守衛の衣装を真似たものだし、
http://xn--h9jya6d7a0b6h1epm5e.com/archives/6490

五輪エンブレムの喪章のようなデザインは、
韓国系のデザイナーがコンペで勝ち取ったものだ。
http://asianews2ch.jp/archives/45735920.html

なぜ東京五輪が韓流なのか?

これは1964年の東京オリンピックに比べて、
この国の韓国支配がいかに進んでしまったかを
物語るものだろう。

なにしろ前政権は、韓国系議員が中心の民主党が握っており、
韓国系の菅直人や鳩山由紀夫が総理大臣をしていたのだ。
http://matome.naver.jp/odai/2137818395972670001

さらに現東京都知事である舛添要一も韓国系と言われる。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5319.html

これらは韓国人によるクーデターがあったわけではなく、
すべて日本人が選挙で選んだのだ。

日本で行なわれる予定だったFIFAワールドカップが
いつの間にか日韓共催になってしまったのも、
日本の少女たちが韓国人にレイプされ続けているのに
何ら有効な手が打てないのも、
韓国支配がこの日本に深く根を張っていることによる。

最近、平昌冬季五輪のニュースが流れないけれど、
東京の禿添知事は何か協力をしているのだろうか?

そして、東京五輪も韓流の色合いを強め、
いつの間にか実質的な日韓共催になっているかも知れない。

日本人が声を挙げない限り、韓国人が堂々と、
意のままに日本を操っていくのである。

「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 東京五輪エンブレム盗作疑惑 | トップページ | 都庁の韓国化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓流五輪のなぜ:

« 東京五輪エンブレム盗作疑惑 | トップページ | 都庁の韓国化 »