フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 奈良小6女児救出 | トップページ | なでしこに米SNS「真珠湾」 »

2015年7月 7日 (火)

なぜ韓国と交渉をしたのか?


これまで一貫して韓国を無視し続けてきた安倍総理なのに、
なぜ今回の世界遺産登録では交渉をしてしまったのか?

正直な日本人と平気で嘘をつく韓国人では
交渉になんかなるわけがない。

今回もまんまと騙されて、
「戦時中に日本が朝鮮人を無理やり連れてきて、過酷な労働をさせた」
という、まさに「慰安婦問題」と同様、事実とは真逆の歴史が
捏造されようとしている。

今回の件に関して、僕は外務省が安倍総理を追い込むために
意図的に行ったことではないかと疑っている。

なぜなら、佐藤地ユネスコ政府代表部大使の
「意思に反して連れてこられ(brought against their will)、
厳しい環境の下で働かされた(forced to work under harsh conditions)」
という発言が、なぜ強制労働を全く意味しないといえるのか、
わけがわからないからだ。

それに、世界遺産登録が決定した時の彼女の満面の笑みが、
不気味に思い起こされるのである。

今回の一件は、保守派の大多数を怒らせてしまった。

テレビの反集団的自衛権キャンペーンによって、
ただでさえ支持率が下がってきているところに
「第2の慰安婦問題」といわれる「強制労働」を認めるような
外交的敗北は、安倍政権の命取りになりかねない。

安倍総理はすぐにでも、今回の佐藤地大使の発言を撤回し、
世界遺産登録を取り下げた方がいい。

そして、徴用工問題の真実を淡々と世界に知らしめるべきだ。

佐藤地の発言をそのままにすることは、
河野談話を撤回しないことと同様、
強制労働を認めたことになってしまう。

それだけは避けなくてはいけません。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 奈良小6女児救出 | トップページ | なでしこに米SNS「真珠湾」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ韓国と交渉をしたのか?:

« 奈良小6女児救出 | トップページ | なでしこに米SNS「真珠湾」 »