フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 新幹線火災雑感 | トップページ | 日本の韓国化 »

2015年7月 1日 (水)

報道規制発言で首相が陳謝


安倍首相は1日昼、首相官邸で公明党の山口代表と会談し、
自民党の保守系議員の勉強会「文化芸術懇話会」で報道機関への圧力を
求める発言が相次いだ問題について、「我が党の議員の件で
ご迷惑をかけたことは大変申し訳ない」と陳謝した。
(読売新聞 2015年7月1日(水)15時26分配信)
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20150701-50099/1.htm

何度考えてもこの件は納得がいかない。

百田氏も、自民党の議員も、この件で経団連に協力を求め、
マスコミの広告収入を断つという行動に出たり、
それをほのめかしてマスコミを恫喝したわけでもない。

あくまで私的な懇親会で、そうした話題が出ただけの話だ。

民主党政権時に、松本龍復興担当大臣が被災地に行って
さんざん暴言を吐いた後「今の最後の言葉はオフレコです。
書いたらその社は終わりだから」とマスコミを恫喝した
ようなケースとは全く違う。

また、民主党の小西議員が参院外交防衛委員会で、
集団的自衛権の憲法解釈をめぐる質疑で中谷元・防衛相が答弁している際に、
秘書官が防衛相に耳打ちして「憲法違反の答弁」を補佐したと指摘し、
さらに「(集団的自衛権の限定容認という)憲法違反のお先棒をかつぐ
というような官僚の皆さんは、絶対に許さない。
政権を奪い返してから、必ず皆さんを処分する」と脅迫したことが
なぜ問題にならないのか?

私的な懇親会での雑談と、大臣や議員の職務中の
マスコミ・官僚への恫喝はどちらが問題かは論を待たないのに、
なぜ自民党の場合だけ問題にされ、マスコミは騒ぐのか。

これが自民党議員への言論封殺でなくて
何だというのだろう?

日本には一部の人間にしか言論の自由がない。

言論の自由をほしいままにし、捏造・恫喝・脅迫を
繰り返しているのは反日左翼だけなのだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 新幹線火災雑感 | トップページ | 日本の韓国化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道規制発言で首相が陳謝:

« 新幹線火災雑感 | トップページ | 日本の韓国化 »