フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 安倍内閣支持率急落 | トップページ | なぜ憲法を改正しないのか? »

2015年7月19日 (日)

安保法制の誤解

安保法制において巷間言われる
誤解を解いておきたい。

まず、集団的自衛権は憲法違反ではないか?
ということ。

憲法の条文を文字通りに読んでいくと、
自衛隊自体が憲法違反となる。

その自衛隊の活動について、合憲か違憲か
を問うのは基本的に意味がない。

つまり、日本国憲法の方がおかしいのだ。

日本を二度と米国に逆らえないようにするために
つくられた憲法がおかしくないわけがない。

次に、中国が攻めてきた時に米国が本当に
日本を守ってくれるのかということ。

これは、非常に情けない問いだと思う。

有事の際の各国の行動は、
その時の国際情勢によるだろう。

米国にとって日本を守ることがプラスであれば
加勢するだろうし、マイナスであれば
何もしないかも知れない。

それは分からない。

しかしながら、もし有事の際に米国が日本に何の関与も
しないとするなら、中国・韓国・日本の左翼勢力は、
なぜ必死になって集団的自衛権に反対しているんだろう?

彼らが必死になって反対していることこそが、
集団的自衛権が戦争の抑止に有効であることを
証明している。

3つ目は米国の戦争に巻き込まれるのではないか
ということ。

これも本当のところは分からない。

しかしながら、日本は米国と安全保障条約を締結しており、
今だって米国の戦争に巻き込まれたり、米国の同盟国として
テロ攻撃に遭わないとは限らないのだ。

安保改定やPKO法案の時も同様の懸念が示されており、
こうした批判は左翼の常套手段なのである。

左翼は「立憲主義」とか「近代憲法の理論」とか、一見正しいような
法理論を持ち出してくるけれど、それなら自衛隊が違憲であることを
まず主張すべきなのだ。

なぜ、そうしないのか?

そんなことを主張したら、
誰の支持も得られないからである。

「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 安倍内閣支持率急落 | トップページ | なぜ憲法を改正しないのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制の誤解:

« 安倍内閣支持率急落 | トップページ | なぜ憲法を改正しないのか? »