フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 五輪エンブレムのパクリ疑惑 | トップページ | 反日勢力のつながり »

2015年8月10日 (月)

戦後70年の矛盾


日本国憲法は、日本が二度と米国に逆らうことがないよう、
自衛権さえも奪う内容でつくられた。

しかしながら朝鮮戦争が起こって、米国は日本人をその戦争に
送り込むために警察予備隊を編成させた。

憲法9条で陸・海・空軍はこれを保持しないと謳いながら、
自衛隊が存在するのはそのためだ。

本来ならもっと早い段階で憲法は改正するべきだったが、
そうはされなかった。

そして、そのまま70年もの月日が流れたのである。

だから、日本国憲法は矛盾の塊なのだ。

自衛隊があり、日米安保条約が締結されていれば、
集団的自衛権は当たり前のことなのに、
(同盟国が協力し合わなければ何のための同盟なのだ)
それが合憲か違憲かといった下らない論争に
なるのもそのためだ。

広島原爆の日に安倍総理が「非核三原則」に触れなかったのも、
そんなものは嘘っぱちだからである。

でも野党から非難され、長崎では触れざるを得なくなった。
これも戦後70年の矛盾によるものだろう。

核兵器は「持たず、作らず」に来た日本ではあるが、
米国によって「持ち込まれて」きたのである。

そんなことは常識として、みんな知っている。

建て前と現実の狭間で、その矛盾の中で、
政治家は嘘をつくことを強いられた。

こうした戦後70年の間に積もりに積もった嘘や矛盾を
解消しようとする初めての総理が安倍晋三なのだ。

自衛隊という軍隊があって、日米の軍事同盟があれば、
集団的自衛権など議論することすらおかしい
当たり前のことだ。

とにかく安保法案など一日も早く可決させ、
次なる課題に進んでもらいたいものです。

「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 五輪エンブレムのパクリ疑惑 | トップページ | 反日勢力のつながり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年の矛盾:

« 五輪エンブレムのパクリ疑惑 | トップページ | 反日勢力のつながり »